モノを処分したいあなたのための、生活情報サイト

思い出の品、記念品、コレクションの力

思い出品、記念品はなぜ大切なのか

要らないモノの処分の中で、最も難しいのが、思い出品や記念品の類です。
これらのものを処分する段階に来たら、持ち主が、なぜこれを処分する必要があるのか自分なりの理由をはっきりと持ち、納得していなければなりません。
トロフィーや賞状、文集、ユニフォームの類は、持ち主が歩いてきた歴史そのものです。
アルバム、手紙、写真の類は、持ち主がどれほど人に恵まれ、愛されてきたのかを確認できる、大切なツールです。
趣味に関するコレクション、それは持ち主だけの、心の宇宙です。
そう。「あなたの人生は素晴らしいのだ」と再確認させ、持ち主に自信を与えるのが、思い出品や記念品の仕事なのです。
それが無くなっても、自分で自分を褒めてあげることができるのでしょうか?処分の対象になるかどうかのポイントは、そこにあります。

ベストなのは、自分も周りも納得できる処分

それでも、新しい生活のために処分を決意したものに対しては、以下の3つの方法をお勧めします。心を込めて、お別れをしましょう。
1つ目の方法は、写真に撮って残し、実物は捨てる。
お子さんの作った大きな作品などを処分したい場合に、お勧めする方法です。作品自体はなくてもその時の思い出は、永遠にあなたのものです。

2つ目は、神社にお炊き上げをお願いする。
人形など、持ち主の念が宿っていそうなものに、お勧めの方法です。感謝の気持ちで昇華しましょう。

最後に、親族、友人、またはトランクルームに預けるという方法。
持ち主は処分して構わないとしたものでも、周囲の人が納得しない場合があります。また、持ち主に気付かれずに取っておきたいものがあるというケースでは、自宅に置いておかない方が賢明ですので、この方法を取ることになります。

最後に、個人情報が記載されている名簿等の処分は要注意です。必ずシュレッダーにかけましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る